排水口を見るのが怖い!産後の抜け毛は一体いつまで続くの?

産後の抜け毛は一体いつまで続くの?

 

女性にとって出産は人生で最も大きなイベント、人生の最大の変化をもたらす出来事といえるのではないでしょうか。

 

命をこの世に誕生させるという事は、かなり体に負担を強いることになりますから、出産後の女性は体の様々な変化に悩まされ、自分の体の変化や違和感に驚いてしまうことが少なくありません。

 

産後に抜け毛が増えるというのもその心配事の一つで、産後の抜け毛がひどく排水口を見てその多さにびっくりしてしまうという人も多いものです。

 

そこで産後の抜け毛はいったいいつまで続くのか、いつになったら落ち着いて再生してくるのか、産後薄毛に悩むことになったらどうしたらいいのかなど、産後に多くの女性が悩む抜け毛についてご紹介します。

 

産後の抜け毛はいつからいつまで?どれくらい抜けるの?

 

まず産後に抜け毛の症状に悩まされる期間ですが、赤ちゃんを産んでから1か月くらいしてから徐々に髪の毛の変化を感じる人が多いといえます。

 

出産直後は体の劇的な変化や慌ただしい育児、慣れない不規則な生活で、髪の毛が抜けだしているということに気がつかない人も、悪露が落ち着きだし、育児も軌道に乗り出した産後1か月くらいに、少し抜け毛が多くなったと気がつく人がほとんどです。

 

その後、いつまで髪の毛が抜けていく状態が続くかという点は人によって個人差がありますが、半年〜1年近くの間抜け毛に悩まされるという人もいます。

 

抜け毛の量についても個人差が激しく、少し抜け毛が気になる程度の人もいれば、明らかに産後薄毛になってしまって深刻な悩みに発展するという人もいます。

 

産後の抜け毛はいつまで続くのか、さらにどれくらい抜けるのかという点については、予測することができず、また誰かに相談しにくい内容であるため、多くの女性たちが悩み苦しんでしまう産後の症状だといえます。

 

産後の抜け毛の原因って?

 

ではなぜ産後に抜け毛が多くなるのでしょうか。

 

出産は体に大きな負担をかけることになりますが、それが頭皮から生えている毛髪にも影響を及ぼすのでしょうか。

 

女性ホルモンの影響

 

実は産後の抜け毛が増えるというのは、女性ホルモンが大きく関係しています。

 

妊娠出産、そして母乳を分泌している間の育児は、女性ホルモンの状態が平常時とは全く異なります。

 

女性の体は女性ホルモンのバランスの上に成り立っているといっても過言ではありません。

 

その女性ホルモンが、妊娠・出産・育児という短期間のうちに劇的な変化をしていきます。この変化によって、頭皮のバランスや毛髪サイクルなどが影響され、抜け毛が増えるということになります。

 

毛根や毛母細胞などは、ホルモンの影響を受けやすく、ホルモンバランスが乱れると正常な毛髪サイクルを維持できなくなってしまうのです。

 

つまり、いつまで抜け毛が続くかという点においても、女性ホルモンが正常に機能し、本来のバランスを完璧に取り戻してから回復しだすという事が言えるでしょう。

 

栄養の不足

 

産後は体全体が栄養不足になる事も事実です。体全体が栄養不足なのですから、もちろん頭皮や毛根、メラニン色素を合成する材料なども不足しているといえます。

 

さらに出産は体力をかなり消耗しますし、産後は母乳を分泌し続けるため、どんなにケアしても体全体の栄養が不足してしまうという事態に陥りやすくなります。

 

髪の毛はタンパク質でできているため、特にたんぱく質不足は大きな影響を及ぼします。さらに頭皮の状態を健康に保つためには、肌の健康と同じようにビタミンやミネラルを必要とするものです。

 

こうした栄養素が体全体に慢性的に不足しがちになるのが、産後という時期なのです。この栄養不足が産後に抜け毛を招いていることもあります。

 

環境の変化によるストレス

 

また、頭皮や髪の毛は非常にストレスの影響を受けやすいということもあります。

 

出産して生活環境や生活スタイル、リズムが劇的変化を遂げるため、女性はかなりストレスを感じやすくなります。

 

この出産で増加したストレス、環境の変化によって感じるストレスも、産後の抜け毛、薄毛という大きな原因に繋がってしまいます。

 

産後の抜け毛対策になる食事とは?

 

では、産後の抜け毛対策として、食生活はどのように配慮していけばよいのでしょうか。

 

出産後はバランスの良い食事で良質な母乳を出すことが大切です。それと同時に、産後の身体の回復、抜け毛対策としても、以下のような食品を心がけて摂取するようにしましょう。

 

タンパク質

 

タンパク質は体の様々な細胞や筋肉、血液を作り出すだけでなく、髪の毛の材料にもなる成分です。肉や魚、卵などに豊富に含まれている成分です。

 

大豆イソフラボン

 

女性ホルモンの働きを活性化させ、バランスを整えるためには大豆イソフラボンを意識して摂取しましょう。

 

大豆製品に含まれていますので、豆腐や豆乳、油揚げ、みそ汁などを意識して摂取してみましょう。

 

ビタミンB2

 

産後の身体の回復を早め、疲労や虚弱を予防することができるのがビタミンB2です。また頭皮の再生や、血流促進効果もあります。豚肉に多く含まれています。

 

ミネラル(亜鉛、鉄)

 

亜鉛や鉄といったミネラルも忘れずに摂取することが大切です。亜鉛は女性ホルモンの分泌を促し、鉄は産後の体内で不足しがちな血液の働きを助けます。

 

また造血作用があるため、体力回復にもかなり効果的です。魚介類、赤身の肉や魚に豊富に含まれています。

 

普段の生活のなかでできる抜け毛対策

 

食生活だけでなく、普段の日常生活の中でも抜け毛対策をすることで、産後の抜け毛を改善、予防していくことができます。

 

ヘアケアを丁寧にする

 

抜け毛を根本から予防するためには、頭皮や地肌の健康を回復させることが重要です。そのためには、ただ単に洗髪するだけでシャンプーを選んではいけません。

 

地肌ケアができるシャンプー、育毛効果に優れて育毛剤、そしてプロの手によるヘッドスパもかなり頭皮ケアの方法としては有効です。

 

徹底した産後の抜け毛対策をしたいのであれば、まずはシャンプー選びに重点を置き、頭皮や髪の毛に優しいシャンプーで地肌の健康から実現してみましょう。

 

ストレスを減らす努力を

 

現代人の日常生活の中にはストレスの原因があふれています。そしてそのストレスは日々の生活の中で知らず知らずのうちに蓄積していってしまうものです。

 

ストレスフルの状態においては、頭皮はもろにその影響を受け、抜け毛薄毛、頭皮トラブルを起こしやすくなります。

 

しかし逆にストレスを発散してストレスをためない状態にすることで、頭皮の状態も向上、抜け毛の悩みも改善していくことができます。

 

ストレスを減らす努力をするという事は、健康にも、そして頭皮や髪の毛の状態改善にもかなり効果があります。

 

生活のリズムを整える

 

頭皮の健康のためにも、産後の体の回復のためにも、生活リズムを整え、規則正しい生活をするという事が最も基本的にすべきことの一つです。

 

生活リズムを整えることができれば、細胞の再生、つまりターンオーバーも正常化します。

 

肌同様、頭皮も日々生まれ変わって新しい細胞へとターンオーバーをしています。

 

食生活、睡眠、適度な運動など生活リズムを整え、しっかりと頭皮がターンオーバーすることができれば、自然とその機能も回復し健康的な髪の毛を生やすという本来の仕事ができるようになるのです。

 

産後の抜け毛は元に戻ることが多いから、あまり心配しない

 

産後の抜け毛がいつまで続くのかという事は、女性にとってみれば非常に気がかりなことで、少しではやく抜け毛が収まってほしいと思うものです。

 

気にすれば気にするほど抜け毛が増えていくように感じ、産後の子育てへの不安や体調の激変などもくわわり、かなり心配になってしまうこともあります。

 

しかし産後の抜け毛はかならずいつか元に戻ります。体がしっかりと回復し、子宮や卵巣、そして女性ホルモンの状態も平常通りに戻れば、抜け毛も徐々に少なくなっていき元のように髪の毛も生えてくるようになります。

 

「髪は女性の命」という言葉があるように、女性にとって抜け毛や薄毛などはかなり気になる事ではありますが、子育てと同じように、気長にゆったりと構えて対処していけばよいのです。

 

しかし産後1年を経過してもまだ抜け毛が収まらない、抜け続けて薄毛の悩みに発展してしまっているという場合には、他の原因が隠れていることもあるので産婦人科に相談してみましょう。